適応障害になりやすい人となりにくい人|誘発されやすい病とは

快適な生活を送る方法

笑顔の女性

ストレスをなくす心理療法

適応障害とは、特定の状況や出来事が本人にはとても辛く感じられて心に支障をきたし時には突拍子もない行動に出ることもある障害のことです。精神的な症状としては、不安や焦燥感、イライラや緊張などの症状があり、行動面では、暴飲暴食や無断欠勤、喧嘩など暴力的な行為にまで至ります。適応障害が発症する原因には、大きなストレスがあります。人間関係のトラブルや仕事の問題、生活環境など特定のものがストレスになっています。そのストレスと直面している時は、動悸や息切れ、めまいなどがしたりと身体的な症状が出ることもあり苦痛を感じますが、ストレスから離れている時や週末家に居る時などは楽に過ごせたり気分も良いことが多いです。適応障害は、ストレスを強く感じる特定の物事と接している時に症状が出て、ストレスを感じさせるものと距離を置くことで症状が改善します。そのため、治療には、ストレスをなくす心理療法が良いと言われています。出来る限りストレスを減らすことも大切ですが、例えば家族がそのストレスの原因になっている場合は遠ざけることは難しいので、本人がストレスに適応していくことが出来るように思考を変えていくことが大切になります。

クリニックを活用する

適応障害の治療は、精神科や心療内科、メンタルヘルスクリニックなどで行うことが出来ます。カウンセリングの他に、必要に応じて薬物療法を行うこともあります。薬物療法の場合は、特定の症状だけを抑えるための対症療法になります。適応障害の症状改善には、ストレスを出来る限り除去して思考を変えて適応力を身につけることが大切です。薬は根本的な治療にはならないため、あくまで補助的な役割をする治療法として使います。思考を変えて適応力を身につけることは簡単なことでは無く、長期化する傾向にあります。しかし、しっかりと身につけることが出来ればストレスと直面してもその場その場で対処していくことが出来るようになります。適応障害は、しばしばうつ病と見分けがつかないことがあります。適応障害は通常、ストレスに直面している時に症状が出るため職場などで起きやすく休みの日は症状が落ち着きます。うつ病の場合は、休みの日など関係なく常にこころや体に不調があわらわれることであるため、状況によって見分けがつきます。詳しく診断してもらい治療を行っていくには、クリニックを活用して自分の症状に合わせた治療をしっかりと継続して行っていくことが大切です。