適応障害になりやすい人となりにくい人|誘発されやすい病とは

ストレスが大きな要因に

男性

適応出来ないことで発症を

人間は社会生活を営む上で様々な変化を経験します。学生であるうちは、進学をすることで環境が大きく変化することがありますし、社会人ともなれば、急な異動などで生活する環境が変化することもあります。多くの人はそういった環境の変化にも順応する力がありますが、中にはそういった環境の変化によって強いストレスを受けてしまうことがあります。そういった人が発症することがあるのが、適応障害と呼ばれる症状です。人間誰しも生活環境の変化によってストレスを感じるものですが、適応障害の人は、その生活環境の変化に適応することが出来ずに、日常生活に支障をきたしてしまいます。その症状は、ストレスを受けた時に起こる症状が酷くなったようなものが多く、ストレスの種類によって実に様々です。不安症状が強い場合には、学校や会社に向かおうとすると動悸や吐き気が強くなってしまい足が動かなくなってしまうこともあります。うつ症状が強い場合には、集中力の低下や物事に対する意欲というものが失われてしまいます。また、中には身体的に様々な症状が現れて通院を余儀なくされる人もいます。頭痛や腹痛などの症状が現れるようになり、社会的な生活をするのが困難な状況になってしまうこともあります。

発症しやすい人は注意を

環境の変化にうまく適応出来ないことで強いストレスを感じてしまい、その結果として発症してしまう適応障害は発症しやすいというタイプの人とそうでない人がいます。発症しやすいと考えられている人は、他人に相談することが出来ずに社会から孤立している人です。こういった人は早めに心療内科クリニックに行って診断を受けることをおすすめします。過度の労働から適応障害になってしまった方は少なくないと思います。しかし、そのような方に限ってクリニックまで行く時間がないとされています。クリニックのなかには、早朝診療や夜間診療を行なっているところがあるので、それを利用してもいいでしょう。また、連休明けなどは病院が混雑する可能性があります。長時間待つ余裕が無いという方は、事前に予約をしておくといいでしょう。予約することでスムーズに診断が受けられます。また、病院では医師に普段どのような症状が出ているのか聞かれるかもしれません。そのため、症状に自覚がある方は、できるだけメモなどをとっておくといいでしょう。

環境の変化と対応能力

女性

適応障害というのは、環境の変化に上手く対応出来なかったときに発症します。これが本格的なうつ病になる前に、早めに治療することが重要です。治療法には原因を取り除く、環境に慣れさせる、薬物療法などがありますが、薬物療法は症状を緩和させるのであって、適応障害そのものを改善するのではないことに注意しましょう。

More Detail

ストレスがもたらす影響

レディ

ストレスを過度に感じやすく、真面目で責任感の強い人ほど、適応障害という障害になってしまう可能性があります。治療法は、カウンセリングによる精神療法が一般的であり、時間をかけてゆっくりと治療を行っていきます。身近な人物に適応障害の患者がいる場合は、決して焦らず、長い目で見た接し方をすることが大切です。

More Detail

快適な生活を送る方法

笑顔の女性

適応障害の治療には、ストレスを出来るだけ軽くして快適に生活が起きれるようにするための心理療法が一般的です。必要に応じて薬物療法も使いながら、クリニックを活用して長期的に治療を行っていくことが出来るようにします。

More Detail

特定のストレスから発症

女性

適応障害は他の精神疾患とは違って、原因がはっきりと特定されていることが特徴です。そのため、その原因が解消されれば、症状もなくなります。適応障害は治療をしていくことでストレスに負けない心を持つこともできるので、前向きに改善を目指していくことが大事です。

More Detail